滋賀県のトンボ100種 [※1]  その1

カワトンボ科


ハグロトンボ♀   
 
1.ハグロトンボ(翅黒蜻蛉)
 体長約53〜68mm。7〜8月に多い。

1♀  大津市田上森町 2020/9/20 
1♂   2♀  草津市西矢倉 2021/6/12
1♂   2♀   草津市西矢倉 2021/6/30
 

アサヒナカワトンボ♂   
 
2.アサヒナカワトンボ(朝比奈河蜻蛉)
 体長約42〜57mm。5〜6月に多い。日本固有種。ニホンカワトンボと酷似しているが、アサヒナカワトンボは上流域に分布するとされる。

1♀  2♀ 高島市朽木柏 2020/6/3 撮影場所で判定していますが、・・・。
1♀  飛翔♀  未成熟で縁紋が白い♂  大津市膳所池ノ内町 2021/5/3
1♂  ♂は縁紋が赤褐色 大津市国分二丁目 2021/5/4
1♀ 翅脈が粗く縁紋がふと短い 大津市国分二丁目 2021/5/13  ここには淡橙色翅型♀のニホンカワトンボが生息しているので、神戸のトンボ/デジタルトンボ図鑑により、翅脈からアサヒナカワトンボ♀か調べてみました。
成熟し白粉を帯びた♂  大津市田上森町 2021/5/15
1♂  大津市上田上桐生町 2021/5/28
1♂  高島市今津町深清水 2021/6/23 

アサヒナカワトンボと羽化殻  大津市上田上桐生町 2022/4/28
テネラルな♀と羽化殻  滋賀県東近江市 2022/5/18
 

ニホンカワトンボ橙色翅型♂   
 
3.ニホンカワトンボ(日本河蜻蛉)
 体長約48〜64mm。5月に多い。日本固有種。アサヒナカワトンボより下流に分布する。

成熟した橙色翅型♂  2♂  3♂ 大津市石居 2021/5/10 腹部は白粉を帯びている。
淡橙色翅型♀  2♀   3♀  大津市国分二丁目 2021/5/10 アサヒナカワトンボとニホンカワトンボが混生している。
橙色翅型♂  2♂  大津市枝 2021/5/11
1♂  2♂   3♀   ♀産卵   ♀産卵と♂警護  大津市枝 2021/6/2, 6/3
1♂  2♀  高島市今津町深清水 2021/6/23

橙色翅型♂ 大津市上田上桐生町 2022/4/28 渓流の同じ場所に、アサヒナカワトンボと混生しています。5/6にはミヤマカワトンボも観察しました。3種が混生しています。
 

ミヤマカワトンボ♀   
 
4.ミヤマカワトンボ(深山河蜻蛉)
 体長約64〜78mm。5月〜8月に多い。日本固有種。

1♀  2♀  3♂ 大津市大石富川町 2021/5/10
1♂  2♀ YouTube ミヤマカワトンボ動画  大津市大石東町 2021/5/26
1♂  2♀ 大津市上田上桐生町 2021/5/28
1♂  2♀ 大津市葛川坂下町 2021/6/24
1♂ 大津市葛川坂下町 2021/7/27 腹先端裏の白い部分を見せて、♀を誘う。
ニホンカワトンボ(白矢印)、アサヒナカワトンボ(黒)、ミヤマカワトンボ(青)が混生 大津市上田上桐生町 2022/5/17
 

アオハダトンボ♂   
 
5.アオハダトンボ(青肌蜻蛉)
 体長約55〜62mm。6月に多い。環境省レッドリスト準絶滅危惧。♂は翅に金属光沢があり、腹端の裏側が白い。♀は前翅の色が薄く、白い偽縁紋がある。

1♂   2♂   3♀   4♀   ♂の縄張り争い
産卵と♂の警護   産卵2   産卵3  滋賀県甲賀市甲賀町大原市場 2021/6/1 ♀で胸部が褐色に写っている個体があります。
1♂  2 ♂   3♀   4産卵  大津市中野 2023/6/14 
交尾  水草に産卵 大津市中野 2024/5/26
♀の近くで♂が他の♂を排除  ♂が水面に降り白い腹端を見せて求愛行動   交尾   産卵と♂の警護  大津市中野 2024/6/4 
 


 

アオイトトンボ科


アオイトトンボ   
 
6.アオイトトンボ(青糸蜻蛉)
 体長約38〜45mm。9〜10月に多い。

1♂ 2♂ 大津市一里山 2020/8/27 
1♀ 2♂ 大津市一里山 2020/8/27 
1交尾 2交尾 3交尾 大津市一里山 2020/8/27 ♂は成熟すると白紛を生じる。
未熟♀ 大津市 2021/6/10
1♂ 草津市西矢倉 2021/6/12

 

コバネアオイトトンボ♂   
 
7.コバネアオイトトンボ(小翅青糸蜻蛉)
 体長約37〜43mm。8月下旬〜10月中旬に多い。滋賀県では、2010年代からの記録なし。環境省絶滅危惧TB類。

1頭目♀ 2頭目♀ 翅が幅の広い割りに短い 3頭目♀  京都市北区 2022/10/2 昨年からチャレンジしていたコバネアオイトトンボ、ようやく見つけることが出来ました。3頭見つけましたが、それぞれ見つけるまでに1時間ほどかかりました。
  2♂   3♂ 矢印の所に居ます  京都市北区 2022/10/14 2時間かけてようやく見つけた♂。この日は、♀は見つけられず。
コバネアオイトトンボとオオアオイトトンボの比較   翅胸の比較(矢印)  

 

オオアオイトトンボ♂   
 
8.オオアオイトトンボ(大青糸蜻蛉)
 体長約41〜51mm。10月に多い。同じ場所では、アオイトトンボより発生時期はかなり遅い。

1♂  2♀  大津市千町三丁目 2020/9/18
1交尾  2交尾  大津市千町三丁目 2020/9/26 
1♂ 大津市一里山 2020/11/4
1♂ 大津市千町三丁目 2020/11/10 
 

ホソミオツネントンボ♂   
 
9.ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉)
 体長約35〜42mm。トンボは普通ヤゴで冬越しするが、ホソミオツネントンボは成虫で越冬する。

1♂  2交尾   3交尾   4交尾を邪魔する♂  大津市瀬田南大萱町 2021/3/24 ♂が4匹も。池にはメダカやオタマジャクシがたくさんいました。
3匹が連結?  大津市瀬田南大萱町 2021/4/21 気温が 25℃と夏日になり、たくさんのホソミオツネントンボが交尾していました。間違って、♂・♂・♀が連結していました。
1♂ 大津市国分二丁目 2021/5/4
交尾  大津市千町三丁目 2021/5/30 
越年するホソミオツネントンボ成虫♀   拡大写真・翅を閉じると前翅と後翅の縁紋が重なる  草津市追分7丁目 2021/11/18 水辺からは離れた南斜面で、見つけて頂きました。
見つけてもらう 大津市瀬田南大萱町 2021/12/2 探しましたが見つけられず、結局案内してもらいました。
2頭います!  a 中央にいます   b ぶらさっがています  大津市瀬田南大萱町 2021/12/3
褐色の未成熟♀ 大津市瀬田南大萱町 2022/7/13
越冬中のホソミオツネントンボ♀ 居た場所 大津市瀬田南大萱町 2023/2/9 3日間同じ枝にいました。
交尾  大津市瀬田南大萱町 2023/4/4
 

オツネントンボ♂   
 
10.オツネントンボ(越年蜻蛉)
 体長約37〜41mm。成虫で越冬する。

1♂   2♀   3♀   4♀  大津市 2021/6/15
イトトンボの羽化殻  オツネントンボの羽化殻かは不明です。

♂翅を閉じると前翅と後翅の縁紋は重ならない  大津市上田上桐生町 2022/4/8 ここ数日一気に気温が上がり、越年していたトンボが動きだしました。
1♂   交尾   産卵  大津市上田上桐生町 2022/4/11 
 


 

イトトンボ科


 
キイトトンボ♂   
 
11.キイトトンボ(黄糸蜻蛉)
 体長約35〜46mm。6〜8月に多い。

1♂ 2連結 大津市一里山 2020/7/19 
1♂ 大津市瀬田南大萱町 2020/8/22 
1♂ 滋賀県野洲市北櫻 2020/9/24 
1♂ 大津市瀬田南大萱町 2021/6/8 今季初認です。成熟すると、胸部が緑色になる。
産卵   未熟♀  大津市瀬田南大萱町 2021/6/23
未熟♀  大津市千町三丁目 2021/6/26
羽化したての♀と羽化殻   連結   滋賀県 2021/7/10
交尾  大津市瀬田南大萱町 2021/7/14 
1♀  京都市北区上賀茂 深泥池 2021/7/16
ヒツジグサの花とキイトトンボの連結産卵   2023/6/27 大津市瀬田南大萱町

 

アオモンイトトンボ♂  
 
12.アオモンイトトンボ(青紋糸蜻蛉)
 体長約30〜35mm。5月と8〜9月に多い。

1♂ 大津市一里山 2020/7/19 アジアイトトンボによく似ているが、アオモンイトトンボが大きい。腹部第8節に青い紋がある。
橙色の未成熟♀ 未成熟♂ 大津市一里山 2021/5/24
1♂ 未成熟♀ ♀異色型か  草津市西矢倉 2021/6/7 未熟♀は、アジアイトトンボ未熟♀とよく似ている。写真の注釈を参照してください。
同色型♀の交尾  大津市 2021/6/10

 

アジアイトトンボ♂  
 
13.アジアイトトンボ(アジア糸蜻蛉)
 体長約25〜31mm。5月と8月下旬〜9月上旬に多い。

1♂ 滋賀県野洲市北櫻 2020/9/29 アオモンイトトンボによく似ているが、より小さい。腹部第9節に青い紋がある。
1♂  交尾 大津市瀬田南大萱町 2021/4/14 ホソミオツネントンボがたくさんいて、ひっそりと隠れるようにしていました。
1♂  大津市瀬田南大萱町 2021/4/20 とても小さい!
羽化したての♀ 未熟♀ 成熟♂ 大津市一里山 2021/5/4
1♂ 未熟♀ 未熟♀と交尾 大津市 2021/6/15 未熟♀は、アオモンイトトンボ♀未熟とよく似ている。
1♀   2♀   交尾  大津市 2021/6/18  
交尾  野洲市北櫻 2021/10/2

 

モートンイトトンボ♂  
 
14.モートンイトトンボ(モートン糸蜻蛉)
 体長 23〜32mmで小型。5月下旬〜7月上旬に多い。環境省 準絶滅危惧。

1♂   2♂   3♂  大津市 2021/6/15 アジアイトトンボと同じかもっと小さい。
1♀   2♀   3♀   4♀半成熟   5♀未成熟   産卵   大津市 2021/6/18 ♀はアジアイトトンボとよく似ているが、眼後紋は縦に長く、背隆線に黒条がない。 
♂眼後紋は三日月状   ♀未成熟   ♀半成熟・♀の眼後紋は縦斑  大津市瀬田南大萱町 2022/6/27 
モートンイトトンボの交尾は早朝   大津市瀬田南大萱町 2022/6/30  
1♂   2♀未成熟  大津市一里山 2023/6/20  この場所では初めて見ました。
モートンイトトンボは単独で産卵 大津市一里山 2023/7/4 
♀未成熟 静岡県磐田市桶ケ谷沼 2024/5/14 

 

クロイトトンボ♂   
 
15.クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)
 体長約27〜37mm。5月〜9月に多い。

1♂ 大津市一里山 2020/7/31
1♂ 大津市瀬田南大萱町 2020/9/1 小さな蛾を採餌していました。 
1♂ 大津市瀬田南大萱町 2020/9/9 ♂は成熟すると粉を吹く。
1♂ 大津市一里山 2020/9/30 左はムスジイトトンボ。
1♂ 大津市瀬田南大萱町 2021/5/9 成熟したきれいな♂で、ハスの葉の上で縄張りを張っていました。
連結産卵  大津市一里山 2021/5/18 ♀は緑色型。
連結産卵 大津市千町三丁目 2021/5/30 いつもの散歩道のため池です。♀は青色型。
未熟♂ 大津市 2021/6/10
1♀  野洲市北櫻 2021/7/6
羽化したてのクロイトトンボ♂と羽化殻  滋賀県 2021/7/6 
クロイトトンボの交尾  大津市瀬田南大萱町 2021/9/13 

 

ホソミイトトンボ♂  
 
16.ホソミイトトンボ(細身糸蜻蛉)
 成虫で越冬する。体長 越冬型33〜37mmで、♂は鮮やかな青色。夏型28〜34mmで緑色味が強い。越冬型は4月〜5月に多い。夏型は7月に多い。

1♂     大津市瀬田南大萱町 2021/4/20 鮮やかな青色で、越冬型。
1♂  大津市国分二丁目 2021/5/25
1♀   2♀  大津市南郷二丁目 2021/7/11 トマトの苗木にとまりました。
1♂  京都市北区上賀茂 深泥池(みどろがいけ) 2021/7/16
越冬型産卵   越冬型産卵その2  大津市上田上桐生町 2022/4/28
越冬型♀  草津市追分7丁目 2022/9/17
このまま成虫で冬を越えます♂ 大津市一里山 2023/9/15 林の中にいました。

 

ムスジイトトンボ♂  
 
17.ムスジイトトンボ(六条糸蜻蛉)
 体長約30〜38mm。7月〜9月に多い。頭部眼光紋は細い。

1♂  2交尾 3産卵 4産卵 大津市一里山 2020/9/23 ♀は成熟すると腹部が瑠璃色に。
1♂  2♂ 大津市一里山 2020/9/30 
1♂  大津市 2021/6/15
1♂   2♂   3♀  草津市志那町 2021/7/1 セスジイトトンボと同じ場所にいました。

 

セスジイトトンボ♂  
18.セスジイトトンボ(背条糸蜻蛉)
 体長 27〜37mm。5月〜9月に多い。頭部眼光紋が大きい。

1♀   大津市 2021/6/10 ムスジイトトンボ♀にも肩黒条内の淡細条があるが、頭部眼光紋が大きいのでセスジイトトンボ♀と判断した。
1♀   2♀  草津市西矢倉 2021/6/12
1♂   2♂   3♀   4♀  草津市志那町 2021/7/1 
1♂  高島市 2022/6/26

 

オオイトトンボ♂  
 
19.オオイトトンボ(大糸蜻蛉)
 体長 27〜39mm。5月〜8月に多い。頭部眼後紋が大きく、セスジイトトンボに似るが、肩の黒条には淡色線がない。

1♂   2♂   3♂   交尾するアメンボと一緒に  滋賀県高島市今津町深清水 2021/6/24 名前はオオイトトンボですが、セスジイトトンボと同じ位の大きさでした。
セスジイトトンボ♂、ムスジイトトンボ♂との比較  頭部眼後紋は、オオイトトンボが大きい。

 

ベニイトトンボ♂  
 
20.ベニイトトンボ(紅糸蜻蛉)
 体長 36〜43mm。6月下旬〜9月下旬に多い。平地の古くからある池などに生息する。環境省 準絶滅危惧。

1♂   2♂  滋賀県大津市 2021/7/9 他 キイトトンボと同じ位の大きさで、中型のイトトンボ。
連結1   連結2   交尾3   交尾4  
産卵1   産卵2   産卵3   産卵4   産卵5
羽化したてのベニイトトンボ♂と羽化殻  
羽化したてのベニイトトンボ♀と羽化殻  腹部上面が赤いので、ベニイトトンボ♀と思います。
1♂   2♂   産卵  京都市北区上賀茂 深泥池(みどろがいけ) 2021/7/16
♂が1頭だけ  大津市瀬田南大萱町 2022/7/8 ここでは初記録です。
ベニイトトンボかどうか再確認   大津市瀬田南大萱町 2022/7/10 リュウキュウベニイトトンボの移入が各地で見られています。ベニイトトンボでした。
 大津市田上 2023/6/14 
ベニイトトンボの交尾   交尾2  大津市瀬田南大萱町 2023/8/18 昨年は1頭だけでしたが、今年は4〜5頭に増えました。

 

モノサシトンボ科


モノサシトンボ♂  
21.モノサシトンボ(物差蜻蛉)
 体長約38〜51mm。6〜7月に多い。

1♂  大津市一里山 2020/7/31 
1♂  大津市瀬田南大萱町 2020/9/19 
未熟♂ 未熟♂  大津市瀬田南大萱町 2021/6/18 数日前から一斉に羽化しだしたようです。
未熟♀   連結   産卵   
1♂  高島市乙女ヶ池 2021/6/20
未熟♀  大津市瀬田南大萱町 2021/7/14
 

グンバイトンボ♂  

 
22.グンバイトンボ(軍配蜻蛉)
 体長約34〜40mm。5月下旬〜7月上旬に多い。日本固有種。環境省 準絶滅危惧。

1♂   2♂  兵庫県 2021/6/22 
連結   交尾   交尾2   連結  
連結産卵    2ペア   3ペア  
未成熟♂    滋賀県高島市 2022/6/3 水辺の草むらにいました。
成熟♂   連結   交尾  滋賀県高島市 2022/6/26 
 


 脚注
 ※1.「滋賀県のトンボ(2010年代)琵琶湖博物館研究調査報告30号2018年3月」による。ただし種の配列は順不同。
 トンボの体長や出現期については、「近畿のトンボ図鑑 ミナミヤンマ・クラブ」 を参考とした。

  |Enjoy Wild Birds Indexヤンマ・サナエトンボなどトンボ科トンボ科赤トンボトンボあいうえお順索引