滋賀県のトンボ100種 [※1]  その3

トンボ科


ハッチョウトンボ ♂&♀   
 
68.ハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)
 体長約18〜22mm。6〜7月に多い。一円玉(直径20o)と同じ大きさ。世界で最も小さいトンボの一つ。

1♂  2♂  未熟♂ 大津市 2020/6/25 ハッチョウトンボを、山で水がしみだしている場所に探しに行きました。本当に小さなトンボで、識別に迷うことはありません。
1♂ 2♀  3♀  大津市一里山 2020/7/19  この日は♂が3羽、♀が1羽単独で打水産卵していました。湿地にはモウセンゴケが群生しています。
ハッチョウトンボ♀が1匹います 拡大写真です。羽化殻もあります ハッチョウトンボとその羽化殻 早くも赤くなった♂ 大津市一里山 2021/5/4 快晴で夏日となり、たくさん羽化しました。

ハッチョウトンボが4匹モウセンゴケの犠牲に 大津市一里山 2021/5/9 
ハッチョウトンボの交尾  交尾2   上が未成熟♀・下が未成熟♂  大津市一里山 2021/5/11 交尾後、♀が単独で連続打水産卵し、♂は警護飛翔しています。
交尾 大津市一里山 2021/5/22
一円玉とハッチョウトンボ 大津市一里山 2021/5/24 モウセンゴケに捕まっていたので助けたハッチョウトンボです。この後無事に飛んで行きました。
1♂  野洲市北櫻 2021/7/6
1♂   1♀  野洲市三上 2021/7/6
羽化したての♀と羽化殻   未熟♀と羽化殻   羽化したての♂  大津市一里山 2022/5/2 体長は約2cmです。

  

チョウトンボ ♂   
 
69.チョウトンボ(蝶蜻蛉)
 体長約31〜42mm。6〜8月に多い。

1♂    大津市一里山 2020/7/27 ひらひらと飛び、金属光沢がとても美しい。湿地には咲き始めのサギソウ(鷺草・環境省準絶滅危惧種NT)が、一輪だけ咲いていました。
1♂   2♀  大津市一里山 2020/7/31 翅の模様はいろいろです。
1♀  大津市一里山 2021/6/30 数日前から飛び出しました。 
1♂  野洲市北櫻 2021/7/6
チョウトンボの交尾時間は短い   あれ、♂が♀の首をはさんでいない!  大津市一里山 2022/7/7

  

ショウジョウトンボ ♂&♀   
 
70.ショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)
 体長約44〜55mm。6〜8月に多い。1年1〜2世代型。
若い♂・♀は全身が橙色で、斑紋はない。♂は成熟すると、全身が鮮やかな赤色に、♀は黄褐色になる。

1♂   2♂   未熟♀  大津市一里山 2020/7/27 成熟した♂は、肢まで赤い。
1♀  大津市一里山 2020/8/7 
1♂   2♀未熟   3♀未熟  大津市石山千町 2020/8/29 
1♂  大津市一里山 2020/10/21 11月にも見ています。
羽化したて♀  大津市一里山 2021/5/15 翅はこがね色に輝いています。今季初認です。

未成熟♂  大津市上田上桐生町 2022/5/16 ♀とよく似ています。
赤色がまだら模様♂  大津市一里山 2022/8/11 未熟な個体。

  

ウスバキトンボ ♂   
 
71.ウスバキトンボ(薄翅黄蜻蛉)
 体長約44〜54mm。7月中旬から急増し9月にかけて多い。南方から来て、北へ向かって分布を広げる。1年多世代型。

1♂  大津市瀬田大萱町 2020/9/8 この日突然、公園にたくさんのトンボが飛びました。
1♀  大津市一里山 2020/9/10 渡りをするトンボです!
1♂  大津市石山千町 2020/9/12
1♂  大津市赤尾町 2020/9/12
 大津市瀬田大萱町 2021/7/14 
 大津市瀬田大萱町 2021/8/10 数が増えて来ました。

  

コシアキトンボ ♂
コシアキトンボ♀   
 
72.コシアキトンボ(腰空蜻蛉)
 体長約41〜50mm。6〜8月に多い。

1♂    大津市一里山 2020/7/31 この日に、近畿地方は平年より10日程遅く、ようやく梅雨明けしました。
1♂  大津市一里山 2020/9/23 
羽化したての♂  大津市一里山 2021/5/22 今季初認です。♂ですから腹部の黄色斑は、成熟すると白色斑になります。
羽化したて♂  大津市一里山 2021/5/23 なぜか飛べずに木道にいました。
♀は腰が黄色い  草津市西矢倉 2021/6/7
1♀  大津市上田上桐生町 2021/6/9 上空をたくさんのコシアキトンボが飛び交っていました。
1♀  草津市西矢倉 2021/6/12 

  

シオカラトンボ ♂   
 
73.シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)
 体長約49〜60mm。4月中旬〜11月上旬。日本全域に広く分布する。

1♂   2未成熟♂   3♀  大津市一里山 2020/8/3 
1♀   2交尾  大津市一里山 2020/8/7 
1交尾  大津市一里山 2020/8/12 
1未熟♂  草津市追分7丁目 2021/4/9 羽化したばかりです。
白粉を吹いた♂  大津市一里山 2021/4/30 ここでシオカラトンボを見たのは4/21でしたが、数が増え♂は白粉を吹いています。
飛水産卵と♂の警護飛翔  大津市一里山 2021/5/4
羽化したての♀と羽化殻  大津市一里山 2021/5/23
羽化したてで翅が輝いているシオカラトンボ♀   シオカラトンボと羽化殻  大津市瀬田大萱町 2023/6/18

  

オオシオカラトンボ ♂   
 
74.オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)
 体長約51〜61mm。6〜8月に多い。翅の基部に独特の黒褐色斑がある。

1♂  大津市田上里町 2020/6/25 眼は黒褐色。シオカラトンボの眼は青緑色。
1♂   2♀飛翔  大津市一里山 2020/8/3 
1♀  大津市瀬田大萱町 2020/8/16
1♂  大津市千町三丁目 2020/10/1
1♂  大津市一里山 2021/6/8 今季初認です。
交尾   打水産卵と♂の警護飛翔   飛水産卵  滋賀県 2021/7/10

  

シオヤトンボ♂
シオヤトンボ♀   
 
75.シオヤトンボ(塩屋蜻蛉)
 体長約37〜48mm。4月下旬〜6月上旬に多い。シオカラトンボに似るがひと回り小さい。尾(腹部)の先端の黒い部分が、シオカラトンボは長い。

1未熟♀    大津市一里山 2021/4/1 翅の基部のオレンジ色が目立ちました。
1未熟♂   2未熟♀  大津市一里山 2021/4/6 ♂と♀が各1匹、別の場所で♀が1匹いました。♂は♀と比較すると、スマートです。  
1成熟♂   2成熟♂  大津市一里山 2021/4/8 成熟し塩屋になった♂が2匹いました。 
交尾  大津市一里山 2021/4/11 交尾した後、メスが飛水産卵しオスは近くを飛んで警護飛翔していました。
成熟途中♂  大津市一里山 2021/4/12 

  

ヨツボシトンボ未熟   
 
76.ヨツボシトンボ(四星蜻蛉)
 体長約39〜52mm。5月に多い。翅に4つの黒色斑がある。

1未熟♂   2未熟♂   翅胸   木の上に  大津市一里山 2021/4/11 羽化してすぐの個体。林や草むらに居ると保護色で見つけにくい。
未熟♀  大津市一里山 2021/4/15 雄か雌かを見分けるのは、大きさや色合いでは難しいです。
1  大津市瀬田南大萱町 2021/4/20 ここでは初めて見ました。打水産卵していました。
ヨツボシトンボの打水産卵(飛水産卵)  大津市一里山 2021/4/30 交尾は飛びながらすぐに終わるので、撮影できません。 
1♂   大津市千町三丁目 2021/5/29 ため池にいました。
ヨツボシトンボの交尾 大津市瀬田南大萱町 2023/5/12 交尾は突然飛びながら10秒以内に終わる。そのあとすぐに打水産卵する。♂は近くで警護している。 
プラエヌビラ型のヨツボシトンボ 静岡県磐田市桶ケ谷沼 2024/5/14 羽化したての♀。翅斑異常型は未熟な♀に多く、成熟とともに消滅することが多いそうです。

  

ハラビロトンボ♂
ハラビロトンボ♀   
 
77.ハラビロトンボ(腹広トンボ)
 体長約33〜40mm。5月〜8月に多い。

1羽化直後♂   2未成熟♂   3成熟♂  草津市矢橋町 2021/4/23 ♂は水辺で縄張りを見守り、他の♂が来るとスクランブル発進。
1♀   2♀  
交尾   ♀打水産卵(飛水産卵)  
成熟が進んだ♂   草津市矢橋町 2021/4/27 ♂はまず黒くなり、さらに青灰色の粉をおびる。
1♂   2♀   交尾  大津市千町三丁目 2021/5/29 ため池にたくさんいました。
1♂  大津市田上 2023/6/14

  

コフキトンボ♀   
 
78.コフキトンボ(粉吹蜻蛉)
 体長約38〜48mm。6月から7月上旬に多い。

1♀  草津市西矢倉 2021/6/7
1♀  大津市 2021/6/10
1♀  大津市 2021/6/15
1♀  草津市西矢倉 2021/6/30
1♂   2♂  高島市乙女ヶ池 2021/7/27

  

ハネビロトンボ♂   
 
79.ハネビロトンボ(翅広蜻蛉)
 体長約51〜58mm。高知県や九州南部が産地で、滋賀県では迷入種です。
 近畿地方では9月から10月に記録が多い。

1♂    大津市一里山 2022/9/10
2020/8/12 にも、大津市一里山で♂が記録(撮影)されている。

  

ベッコウトンボ♂   
 
80.ベッコウトンボ(鼈甲蜻蛉)
 体長約40〜48mm。3月下旬から6月上旬。茶褐色から、成熟した♂は黒褐色になる。環境省絶滅危惧TA類。
 滋賀県では、1994年以降記録なし。絶滅。  

ベッコウトンボ♂    縄張り争い   交尾
  静岡県磐田市桶ケ谷沼(おけがやぬま) 2024/5/14
後翅にマーキングされたベッコウトンボ♀  環境省の許可をとって、♀10個体から延べ3000個の採卵を行い保護・増殖活動をされています。採卵をしたメスから再度採卵をしないようマーキングしています。

  

   
  

81.ヒメハネビロトンボ  迷入種。滋賀県では、2010年代の記録なし。

82.アメイロトンボ  迷入種。滋賀県では、2010年代の記録なし。

 

ベニトンボ   
 
101.ベニトンボ(紅蜻蛉)
 迷入種。体長約34〜41mm。温暖化で分布域が北上している。
   2022/10/2 ♂が大津市で観察され、滋賀県での初記録になりました。
   2023/10/2 竜王町で。2023/11/2 大津市で観察されました。 

 神戸市中央区 2023/11/4

  

 脚注
 ※1.「滋賀県のトンボ(2010年代)琵琶湖博物館研究調査報告30号2018年3月」による。ただし種の配列は順不同。
 トンボの体長や出現期については、「近畿のトンボ図鑑 ミナミヤンマ・クラブ」 を参考とした。


  |Enjoy Wild Birds Indexイトトンボなどヤンマ・サナエトンボなどトンボ科赤トンボトンボあいうえお順索引